スポンサーリンク
スポンサーリンク

学研おはなしドリル【恐竜のおはなし】って?特徴とレビュー!読書と読解のダブル効果も

家庭学習
この記事は約15分で読めます。

恐竜が好きなお子さんにオススメなのが、学研の「おはなしドリル<恐竜のおはなし>」です。

なぜなら、
好きな恐竜のお話を読んでいくうちに自然と読書ができ、読解力が身につくからです。

例えば、
小学校以前のお子さんでも、恐竜に興味があれば、簡単に読みすすめることができます。

だから!
未就学児から低学年のお子さんに「おはなしドリル<恐竜のおはなし>」はおすすめです。

もともと、私立小に通ってるママ友にいいよー!と勧められて買った、恐竜のおはなしドリル。

早速息子にやらせてみると、、あたりでした!

読解力をつけさせたいけど、長い文章は読んでくれない・・・
読書習慣を身につけさせたい・・・

そんな、こどもの学力アップに日々悩まれている方に。

この記事では、
学研おはなしドリルの概要と特色、実際に使ってみての感想とどんな子にオススメなのかご紹介します。

スポンサーリンク

学研【おはなしドリル】シリーズとは

学研の【おはなしドリル】シリーズとは、
見開き2ページで短いお話と読解問題が入っている
全19冊のシリーズです。

シリーズと言っても、1から順にすすめてください、というものではありません。

お子さんの興味のあるおはなしのドリルを選べるんです。

男の子だと、恐竜や宇宙とか興味ありますよね。
女の子だと、伝記やことわざとか。

お子さん一人ひとりの興味合わせて、おはなしのテーマが選べるので、

好きなお話だからこそ、子どもは集中して読むことができるし、
集中して読むと、ちゃんと頭に物語の情報が入り、
問題にもスムーズに答えることができるんです。

だから、お子さんが興味を持って取り組みやすいのです。

どんなテーマやジャンルがあるの?

おはなしドリルシリーズは小学1~3年の低学年向けドリルシリーズです。

高学年向けには、お話推理ドリルが用意されています。

低学年向け 全19冊

恐竜のおはなし 低学年
伝記 低学年
わらいばなし 低学年

きせつの行事 低学年
都道府県のおはなし 低学年
危険生物のおはなし 低学年

人のからだのおはなし 低学年
うちゅうのおはなし 低学年
こわいはなし 低学年
きもちのおはなし 小学1年
どうぶつのおはなし 小学1年
せかいのめいさく 小学1年
かがくのおはなし 小学1年

科学のおはなし 小学2年
科学のおはなし 小学3年
ことわざのおはなし 小学1年

ことわざのおはなし 小学2年
せかいのくにのおはなし 小学1年

せかいの国のおはなし 小学2年

生き物、うちゅう、ことわざ、伝記など様々なジャンルのドリルがあるので
お子さんにぴったりの1冊が見つかるとおもいます。

高学年向け 全6冊

高学年には、おはなし推理ドリルというシリーズがあります。
こちらはナゾトキ×文章読解。

科学事件ファイル 小学4~6年
都道府県事件ファイル 小学4~6年
算数事件ファイル 小学4~6年
生き物事件ファイル 小学4~6年
歴史事件ファイル 小学4~6年
百人一首事件ファイル 小学4~6年

読む力と思考力を鍛える新感覚ドリルです。

おはなしドリル【恐竜のおはなし】の概要・特徴は?

ド リ ル の 概 要
対象学年 低学年
出版社 学研
初版年月 2017年7月
サイズ B5
価格(税別) 650円
実質ページ数 56ページ
実質ページ単価 13円
カラー カラー
付録 なし

内容はこちらです。

内 容
出題形式 500字程度の文章を読み、3~5問の問いに答える。本文から抜き出す記入式が多い。
漢字を問う問題はなし。
1ページ想定学習時間 10分
何日で完了できる? 1日2P(1話)で28日で完了
コピーしやすさ 見開きB4で可能
解答ページの形式 解答のみ、保護者向けの簡単なアドバイスが1文のみ。(取外し不可)
絵の多さ 見開き2ページに1ヶ所
先取りか復習か お楽しみジャンル

おもな特徴は、こちらです。

【おはなしドリル シリーズの特長】
◆1日15分,毎日楽しく文章読解のレーニングができる!
◆興味のあるお話で,低学年からいろんな知識が広がる!
◆お話を読む<読書習慣>と問題を解く<学習習慣>が,1度に身につく!

この本で取り上げている文章は,1話が短く,気軽に楽しく読めるおはなしばかりです。
だから,読書習慣をつけるのに最適です。

また,ただ読むだけで終わらず,問題を解くことで,正しく内容を読み取れているか確かめることができます。
毎日の読書と文章読解のトレーニングで,読解力がぐんぐんアップします。

恐竜ドリルのもくじ

全部で28日分のお話があります。

もくじのページ

★恐竜がいたころを見てみよう (簡単な年表とそのころの恐竜)
1  恐竜って、どうやって生まれたの? 
2  どうして恐竜がいたとわかったの?
3  ティラノサウルスって、どんな恐竜?
4  トリケラトプスの角は、何のためにあるの?
5  ステゴサウルスのせなかのいたは、何のためにあるの? 
6  ヴェロキラプトルのつめが大きいのは、なぜ?
7  テリジノサウルスのつめが長いのは、なぜ?
8  ディプロドクスの体が長いのは、なぜ?
9  恐竜は、いつごろいたの?
10  はじめて見つかった恐竜は、何?
11 恐竜のすがたがわかるのは、なぜ?  
12  恐竜の色が図かんごとにちがうのは、なぜ?
13 恐竜は、どこにすんでいたの?
14 日本でも恐竜が見つかっているの?
15 恐竜は、みんな大きかったの?
16 いちばん大きい恐竜は、何?
17 恐竜どうしはたたかったの?
18 恐竜をおそう生き物は、いたの?
19 恐竜に、おす・めすのちがいはあるの? 
20 子そだてをする恐竜は、いたの?  
21 恐竜は、一生大きくなりつづけたの?
22 恐竜も、けがやびょう気をしたの?
23 恐竜のうんちの化石もあるの? 
24 およげる恐竜は、いたの?  
25 とべる恐竜は、いたの?
26 いちばんあしのはやい恐竜は、何?
27 恐竜がいなくなったのは、なぜ?
28 恐竜は今、どこにもいないの?
答えとアドバイス

我が家の体験レビュー

小2の息子が今、恐竜ドリルに取り組んでいます。

我が家では、数あるドリルの中でも、箸休め的存在として使っています。

お話はスラスラ読みますが、問題は考えることも。

毎回読みながら「へぇ~~!そうなんだっ!」とか言いながらやっています。

恐竜は好きなので、読みすすめるのに抵抗はなさそうです。

問題は文章をよく読めば全部わかる問題です。
文章から答えを抜き出す、というのが多いです。

息子は、「○○なのは、どうしてだからですか?」と問題があったとしますよね。
そうしたら答えは「■■だから」とか、聞かれたように返すじゃないですか?

そういう基本的な問いかけに対しての答え方のルールとか分かっていなかったので、

質問形式によって、答え方のルールがある、みたいなのを学んでくれています。

こういうのは、色んな問題を当たらなければ、腑に落ちてこないものですよね。

このドリルが終われば、次は「危険生物のおはなし」なんかいいかなぁって思っています。

おはなしドリル【恐竜のおはなし】の評判・口コミ

Twitterではこんな口コミが。

 

どんなお子さんやママにオススメ?

こんな子にオススメ! 

1,自分の興味がはっきりしている子にオススメ。 ★★★★★

自分の興味にバッチリ合うテーマがあれば、お話が面白くて確実に読みすすめてくれるでしょう。

2、未就学児にもオススメ。 ★★★★☆

このドリルは、漢字にすべてふりがながあります。漢数字にもふりがながあるので、
まだ漢字が読めないお子さんでも、読みすすめることができます。

3,自分から本を読めない子にオススメ。 ★★★★☆

読書習慣をつけるには、分厚い本でなく薄くて短い文章からスタートするにはちょうどいいと思います。

こんなママにオススメ!

1,楽しみながら取り組んでほしいと願うママにオススメ。 ★★★★★

勉強を勉強と思わせずに、読書や読解力をつけさせたいママに有効です。

2,小さな時期から読む力をつけてほしいと願うママにオススメ。 ★★★★☆

興味のある分野から読み物を増やせば、いつの間にか読書が楽しい時間になりますよ。

 

さいごに

子どもたちは自分の興味のあることなら、親が言わずとも進んでやってくれます。

このドリルも子供の興味に合わせて取り組ませれば、必ず力がつきそうです。

ぜひ、家庭学習に取り入れてみてくださいね。

\こちらの本もオススメです/

コメント

タイトルとURLをコピーしました