スポンサーリンク

管理人日記 ~頑張れ!息子くん!【読書感想文】編~

管理人日記
この記事は約12分で読めます。

冬休み最終日の前日。
今日は息子くんのご機嫌がナナメだった。

すぐに考えられる理由は一つあった。
それは、朝から移動図書館に出向いたとき、そこで、台座から落ちて膝や顔を負傷したのである。

でも機嫌が悪いのはそれだけじゃなさそう。
なんだか、ソファーで顔を冷やしながら、しみしみしてる。

ソファーでハグして、よくよく聞いてみると。
どうも、冬休みの宿題がまだ終わっていないのが気がかりらしい。

終わっていないのは、読書感想文。

みんなが苦手な読書感想文。(多分みんな苦手じゃない??)

すでに昨日から読書感想文に取り組んで、一度下書きはしている。

下書きしたものを読んだけど、非常にお粗末で、これは書き直しが必要なレベル。

本人もそれが分かってたらしく、下書きしているものの、その仕上がりに納得できてない。

それで、読書感想文の終わりが見えないようで、不安に襲われたらしい。

そこで、彼の不安を取り除くために、母からこんな話を。

はは
はは

「千里の道も一歩から」ってことわざ知ってる?

むすこ
むすこ

なんか聞いたことある

はは
はは

千里ってとっても遠い距離なんだけど、そもそも一里ってどれくらいなんだろう?

調べてみようか!

そこから調べ学習。

まずは国語辞典を持ってきて、「一里いちり」を調べてみる。

うちの国語辞典はこれ。

フォントも見やすいし、辞書引き学習のふせんが貼れるよう、ページ上部にスペースがあったり、うちは気に入っている。
さて、調べてみると、「一里」はなかったけど、「一里塚」という言葉は載ってた。

「一里塚」の説明のなかに、一里は3,9キロメートルとある。

はは
はは

一里って約3.9キロメートルなんだって。
じゃ、千里ってどれくらいの距離になるかな?

そうだ!こんなときのためにこないだ仕入れたグッズが!

じゃん!

これで調べてみよう!と、ものさしを出す。

コレは単位換算できるものさし。
真ん中の「1」と書いてある赤いコマがスライドして、単位を確認しながら別の単位に換算することができる。

一里の「里」という単位はコレにはついてないので、「メートル」を読み替えて、一里と千里を確認してみる。

はは
はは

「1m」を「一里」と読み替えると、「千里」はいくらになるかな??

コマをスライドさせながら説明してみた。

すると、千里が一里の1000倍ということがわかり、千里は、3,900kmということがわかったみたい。

うん!役に立った!

 

はは
はは

「千里の道も一歩から」の千里って3,900kmもあるんだって!
相当遠いね!

じゃ、次にこのことわざの意味はなんだろう?

 

次はこれを本棚から取り出す。

本でさがして、「千里の道も一歩から」の意味を確認する。

はは
はは

どんなに遠いゴールでも、ゴールまでたどりつくには、最初の小さな1歩からなんだよ。
だから、読書感想文もゴールは遠くてたどり着かないように思えて、不安になるかもしれないけど、まずは少しづつできそうなことから、取り組んで行くことが大切なんだよ。

と話してみる。

色々調べて、ようやく母が言いたかったことにたどり着く。

母の話をきいて、息子くんの不安がどれだけ軽くなったかはわからないけど、「ことわざ」に興味が向いたようで、その後「ことわざ」本を熟読。

どうも不安な気持ちが紛れたようだ。

そんなこんなで、このあと改めて読書感想文に取り組み、今日は7合目で終了。

下書きの前段階のメモ書きまで。
7合目?6合目?

あとは、明日1日で完成まで仕上げなくてはならない。

始業式はあさってだからね、、、。

頑張れ!息子くん!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
参考になりましたら、ランキング応援クリックをお願いします!

     にほんブログ村 受験ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました